気の向くままに。

何を書くのか定まらないブログ。

先日の9係を見て

なんとも人間味がある9係
井ノ原快彦さん目当てで見始めたのだが、
十津川警部やタクシードライバーの推理日誌など2時間ドラマでの渡瀬恒彦さんが大好きなわたしは、すっかりこのドラマにはまってしまった。

先日の最新話は特に心を締め付けられる展開だった。
文だけで心を交わしてゆく美しさ
互いを思ったがゆえに悲しい結末を迎える2人
でもそれを悲しい結末と判断するのは個人の感覚であって、本人たちの心は分からない。

幸せとは
不幸せとは
愛とは
正解なんてないのだろう

ある種、人間の生々しさを感じる一話であった。